学習障害(LD)の子育て法 

発達障害児の子育てプログラム 岩沢祐樹

勉強ができない子を放置してはいけません。本が読めない、字が下手なのはアタマが悪いのではないのです。LD(学習障害)の疑いがあります。

サイトマップ

LDを公的機関に相談すると子どもの就学に影響する?

子どもの就学前に、わが子がLDやADHDなどの発達障害ではないかという気づきや不安があったら、相談機関で相談するのが最適だと思います。



その際に、公的な相談機関での相談内容や相談結果が就学指導委員会へ勝手に提供されることはありません。

就学後に、小学校から中学校、高等学校から就労先の企業などへの情報の提供も、基本的には勝手になされることはありません。

けれども保育所や幼稚園で、発達障害をもつ子としての支援を受けているとしたら、就学指導委員会への報告が適宜なされることもあるかもしれません。

公共機関への相談の結果が子どもの就学先を限定してしまうのではないかと不安に思われるでしょうけれども、不安に思う必要はありません。

就学指導委員会への報告が就学先を限定するというようなことはありません。

ただ、子どもの特性を考慮して、その結果就学先に通常学級でない場が最適だと選択されることがあるかもしれません。

就学先については、十分な情報の提供を受けたうえで、本人や保護者の意思を尊重して決定するものです。

就学指導委員会などが勝手に就学先を限定して決めるものではありませんし、できません。

けれども発達障害がある子どもの成長において一貫した支援を受けるためには、情報を共有して連携してその子にとっての最適な就学場所を与えることが必要です。

就学指導委員会では、専門家がこれまでの事例や経験をもとにして指導し、提言してくれます。

このことも念頭に入れたうえで、就学指導を不安に思うのではなくて、積極的に活用してみたらよいと思います。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
学習障害
話はできるのに教科書が読めない
口頭ではできるのに筆記試験が苦手
いつまでも「きゃ」と「きゅ」を間違える
自分でも読めないくらい汚い字になってしまう
簡単な足し算引き算でも指を使わないと計算できない
指は使わないけど計算ミスが多い
計算できるのに文章問題や図形問題ができない
字の書き順がでたらめ
聞こえているはずなのに聞き漏らし聞き間違いが多い
全体活動でみんなより少し行動が遅れる
簡単な宿題が何時間もかかる
書く力はあるのに作文がかけない
勉強はできるのに方向方角がわからなくなる
悪ふざけをしてまじめに課題に取り組まない
LDがあるといわれる有名人たち
LDはどこからやってきた?
LDの定義
IQってLDに関係ない?
LDは日本にどれくらい
何故LDは起こる
LDはどこでわかる
LDで小学校入学前にできることは
LDを放置すると
LDの定義判断基準と留意事項
LDのことをもっと知りたい人へ
学習遅れはみんなLD?
LDと言われたら他の障害はないと思っていい?
LDを併せ持つことが多いADHD
LDと知的障害の違い
アスペルガー症候群って?
聴覚障害・視覚障害による学習困難はLDと違う?
LDと言語障害
LDがあると不器用?
LDがあると問題行動を起こしやすい?
発達障害の子を持つ親の葛藤
LDの傾向が見られたらどこに相談すればいい?
LDの相談の流れ
相談機関で受ける検査
相談機関で受けた検査結果
LDを公的機関に相談すると子どもの就学に影響する?
LDと判断されたら学校生活が変わる?
相談機関に行く時本人にはなんと説明すれば?
子どもへのLDの説明
検査結果に納得いかないときは
進学や転校で気をつけること
LDがある人の就職には企業はどれくらい理解がある?
LDに対する支援は学校以外ではどういうものがある?
友達やクラスの保護者にはLDのことを伝えるべき?
LDがある子の親として家庭で気をつけること
全国LD親の会を中心とした情報源
主婦も月収400万で満足します!家事育児に追われる主婦が1日のわずかな時間を利用し3つの収入源から年収1500万を稼ぐ!やや不労所得構築法〜カリスマ主婦がツイに3つの収入源を公開
リンク集
子宝の知恵シリーズ3「しあわせ出産・育児マニュアル」
3日で変化が!お気楽に成功する極秘育児術
自宅で英才教育!【基礎編T前半・2歳児〜年少児用プリント】付録工作教材☆添削指導、塾暦14年講師による学習・受験アドバイス、保育士による育児相談☆【アウレア通信教育】

【育児・子育て】あなた自身とお子さんを心から愛し、笑顔が絶えない家庭を築く方法
住宅ローン 借り換え 金利



学習障害(LD)の子育て法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。